決済代行サービスならヤマトフィナンシャル株式会社

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 8979
  • 公開日時 : 2019/01/10 10:23
  • 更新日時 : 2019/01/10 11:47
  • 印刷

クロネコwebコレクトで金額変更処理を行った場合、購入者にはどのように請求されるのですか?

回答

購入者には①当初の請求額 ②当初の請求額の取消額 ③金額変更処理後の請求額 3つの金額が表示されます
 
例:5,000円で商品購入後に3,000円で金額変更を行った場合
① +5,000円  :当初の請求額5,000円が請求
② ▲5,000円  :当初の請求額5,000円がマイナス請求される
③ +3,000円 :金額変更処理後の請求額3,000円が請求
 
※※注意※※
上記の3つの処理が行われるため、金額変更日が購入者様-カード会社間の締日を跨ぐ場合にプラスの売上とマイナスの売上が別の月に分かれる場合がございます。具体的には、下記の例のような場合となります。
 
例:12/12に5,000円で商品購入後、12/17に3,000円で金額変更し、
  購入者様は15日締め、翌月10日引落を利用している場合。
① 12/12 + 5,000円 ※12/12付プラスの売上 ⇒ 1/10引落       
② 12/12 ▲5,000円(12/17取消) ※12/17付マイナスの売上⇒2/10引落
③ 12/12 + 3,000円(12/17訂正)  ※12/12付プラスの売上 ⇒1/10引落
 
上記の例の場合、当初の請求額5,000円と金額変更処理後の請求額3,000円が1/10に引き落とされ、2/10に当初の請求額5,000円がマイナスの売上として処理されます。
購入者様にとっては、5,000円と3,000円が二重請求されたように感じる場合もあるかと思いますが、実際には翌月にマイナスの処理が行われることをお伝え頂くようお願い致します。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせについてはお手数ですが、弊社のカスタマーサービスセンターまでご連絡ください。
e-mail:payment@kuronekoyamato.co.jp
Copyright (C) 2018 YAMATO FINANCIAL Co.,Ltd.All Rights Reserved.